富国物産株式会社トップページへ

  • パナソニック リフォームクラブへ

メニュー

長野地域に根ざした専門工事会社・富国物産(株)とパナソニックが提携する安心住宅リフォーム

住まいのお役立ち情報

トップページ » 住まいのお役立ち情報 » 不動産の取得時・保有時の税金(その1)(2017/12/23)

不動産の取得時・保有時の税金(その1)(2017/12/23)

不動産の取得時には、どんな税金がかかるのでしょう?また、保有時にはどうでしょうか?
取得時 国税 登録免許税
  • 税額の計算式
    • 「税額」 = 「課税標準」 × 「税率」
    • 「課税標準」とは、税率を乗じる対象となる価額のことで、通常、不動産に関する税の場合、固定資産税評価額となる。
地方税 都道府

県税

不動産取得税
保有時 市町村税 固定資産税

都市計画税


  • 登録免許税 
    • 不動産を取得し、その登記を受ける際にかかるのが登録免許税です。
      不動産に関する登記には、最初に登録する「所有権保存登記」、売買等で所有権を移転する「所有権移転登記」、融資をした金融機関の抵当権を設定する「抵当権設定登記」などがあります。
      相続により取得した不動産の所有権移転登記をする場合も課税されます。
    • 登録免許税の税率と軽減措置
    •  登記の種類 課税標準 税率(本則) 軽減税率 備考
      新築 中古
      建物表示登記
      所有権保存登記 法務局認定価格 0.4% 0.15% 住宅用建物の軽減(平成32年3月31日まで)
      所有権移転
      土地 固定資産税評価額 2.0% 1.5% 平成31年3月31日まで
      住宅 2.0% 0.3% 住宅用建物の軽減(平成32年3月31日まで)
      相続 0.4%
      遺贈・贈与 2.0%
      抵当権設定登記 債権金額 0.4% 0.1% 住宅取得資金の貸付け等に係る抵当権の設定登記(平成32年3月31日まで)
      (租税特別措置法第75条)