住まいのお役立ち情報

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度

  • 両親、祖父母など(直系尊属)から住宅取得資金として贈与を受けた場合に、一定の金額が非課税となる制度です。

  • この制度は、単独で使うことも、「相続時精算課税制度」と組み合わせて使うことも可能です。
  • 「相続時精算課税制度」と組み合わせて使った場合、最高3,500万円まで贈与税が非課税となります。
ページトップへ戻る